日焼け止めを有効利用する術【出退勤する前にクリームを塗り直す】

選び方のポイント

クリームを塗る人

使い心地で選ぶ

ドラッグストアやバラエティショップに出かけると、たくさんの日焼け止めが並んでおり、商品選びに迷ってしまうという人も少なくないようです。日焼け止めを選ぶときのポイントとしては、実際に肌に塗ってみて使用感を確かめてみると良いでしょう。例えば、日焼け止め特有のべたつき感や白浮きするのが苦手という人の場合、紫外線吸収剤を使っている商品がおすすめです。紫外線吸収剤はサラッとした使い心地で、べたつきにくく、さらに白浮きしにくいという特徴があります。ジェルタイプの日焼け止めに紫外線吸収剤は多く使われており、透明で伸びの良いテクスチャーですので、男性・女性そして年齢問わず使いやすいのが魅力です。より肌への密着度や負担を軽減しや日焼け止めを選びたいという場合は、紫外線散乱剤を使っている商品をチョイスしましょう。紫外線散乱剤を配合した商品は、汗に強く紫外線吸収剤を使ったものよりも、肌への密着度が高いと言われています。汗をかきやすい人や海などのレジャーでは、密着性がより高い紫外線散乱剤を配合した日焼け止めがおすすめです。また、紫外線散乱剤は肌への負担が少なく、敏感肌用の日焼け止めにも多く配合されていることから、日焼け止めを塗ると肌トラブルを起こしやすしという人にも向いています。ノンケミカル処方と記載されている商品は、紫外線散乱剤が使われているので、商品を選ぶときの参考にしてみましょう。まずは実際にお店に出かけてみて、テスターを使って肌に塗ってみて使用感を確かめてみると、自分の好みにあった日焼け止めを選びやすくなります。