日焼け止めを有効利用する術【出退勤する前にクリームを塗り直す】

紫外線防止成分をチェック

女性

主に2つの種類が使われる

日焼け止めには紫外線防止成分が含まれており、この成分の働きによって紫外線のダメージから、肌を守ることができます。紫外線防止成分には主に2つの種類があるので、特徴をチェックして日焼け止めを選ぶ際に参考にしてみてはいかがでしょう。現在、市販されている日焼け止めに含まれている紫外線防止成分は主に、「紫外線吸収剤」と、「紫外線散乱剤」の2種類でう。紫外線吸収剤は肌の上で化学反応を起こし、紫外線が肌内部に入り込むのを防ぐという働きを行います。紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは透明で伸びが良く、使用感がサラサラしていることから使いやすいのが魅力です。特にジェル状の日焼け止めに紫外線級取剤が使われており、女性だけなく男性や、お子さんでも使いやすく感じます。もう1つの紫外線防止成分の紫外線散乱剤は、古くから日焼け止めに使われてきた成分で、酸化チタンなど鉱物を使用します。肌の上で物理的に紫外線を跳ね返して、紫外線のダメージによって肌に影響を与えないようにするのが紫外線散乱剤の働きです。酸化チタンをはじめとする鉱物が配合されているので、白っぽい色をしているのが紫外線散乱剤を使用した日焼け止めの特徴となっています。塗ると少しべたつきや肌に重さを感じるかもしれませんが、紫外線吸収剤と比較すると肌への負担は少ないです。ですので敏感肌用や自然派の日焼け止めには、紫外線吸収剤よりも、紫外線散乱剤が多く使われています。