日焼け止めを有効利用する術【出退勤する前にクリームを塗り直す】

肌荒れせずに日焼けを防ぐ

クリームを塗る人

目的に合ったものを選ぶ

女性にとって肌の悩みを増やしてしまう紫外線は大敵ですから、夏だけでなく秋冬の寒い季節も油断せずに日焼け止めで、肌を保護してあげる必要があります。今はたくさんの日焼け止めがありますから、選び方に困っている人もたくさんいます。まず注目したいのが日焼け止めのSPFとPAですSPFはサンバーンを起こしてしまう紫外線B波、PAは肌を老化させる紫外線A波への防御力を示しています。SPFは数値が大きくなるほど日焼け止め効果も高くなり、PAは+の数が多くなるほど効果が高くなっています。数値や+の数が多ければいいというものではありません。効果が高くなるほど肌への負担も増えてしまって、肌荒れを起こすリスクが高まってしまいます。夏場の日中でもSPFは20から30程度で充分ですし、PAは++程度で大丈夫です。秋冬は紫外線量も少ないですから、それよりもやや低めの効果でも充分紫外線を防げます。逆に夏場に長時間外にいたりレジャーに出かける時には、SPFもPAも最大値のもので、ウォータープルールタイプを選ぶようにしましょう。外で過ごす時間が長くなれば日焼けしやすくなりますし、水に強いウォータープルーるタイプなら、海やプールでも役立ってくれます。日焼け止めは季節や目的に合ったものを選ぶのが大事で、肌荒れせずにしっかり紫外線をブロックしてくれるものがベストです。何タイプかそろえておいて、季節や目的などによって使い分けするようにしましょう。