日焼け止めを有効利用する術【出退勤する前にクリームを塗り直す】

SPFの数値について

クリーム

持続時間を示している

日焼け止め商品によく記載されているSPFという表示、この意味を知っている人は意外に少ないものです。SPFとはSun Protection Factorの頭文字であり、紫外線の1種であるUV-Bをカットする力を数値化して示しています。その数値が高いと「より紫外線をカットしてくれる割合が増える」と勘違いされることが少なくありません。実際は、割合ではなくて持続する時間が増えるのです。一般的に言われているのがSPFの数値に20をかけた時間(分)が日焼け止め効果となり、それを過ぎると紫外線によって肌が赤くなっていくと言われています。具体的な例を示すならば、SPF30だとしたら、これに20をかけた600分(つまり10時間)が持続時間となるわけです。ただし、この数値は一般的なものであり、紫外線を過剰に反応してしまう人は20ではなく10で計算すると良いでしょう。つまり、SPFの値は持続する時間に関係すると考えれば良いのです。会社の出退勤のみ紫外線を浴びるけど仕事中は室内にいるという人は、SPF10程度で十分で出退勤する前にクリームを塗り直すだけで事足りることになります。一方、8時間ずっと太陽の下で働いているような人は、余裕をもってSPF30ほどの日焼け止めクリームを利用するようにすると効果的です。自分の生活サイクルを見直しつつ日焼け止めクリームを選ぶようにすれば、より効果的に日焼けを防止することができるでしょう。